読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネコと夜景とビール

Nikonのデジタル一眼レフカメラ・D7100で撮影した写真を掲載しているブログです。路地ネコ、ジャンクションなどの夜景、限定醸造ビールの写真を中心に載せています。

高層ビルの谷間にあるジャンクション 谷町ジャンクションへ!

夜景★ジャンクション

DSC_9058

高層ビルと光跡が映える谷町ジャンクション

 

六本木にある谷町ジャンクションの夜景を撮影しにいってきました。麻布十番の「一ノ橋ジャンクション」から1キロほどの距離なので、15分ほど歩けば到着です。公共交通機関でアクセスする場合は東京メトロ南北線「六本木一丁目」駅出てすぐ真上が谷町ジャンクションですね。または「六本木」駅から700メートルほど歩くと到着することができます。六本木交差点からまっすぐ一本ですね。

こちらは去年のクリスマスシーズンに来て以来となりました。高層ビルに交通量の多い六本木通りの光の筋の流れが映えて、見栄えがいいですね。

 

ハシゴをした一ノ橋ジャンクションはこちら。

daiki-photo.hatenablog.jp

 

麻布通りと六本木通りをまたぐ歩道橋の上から撮影をしています。人通りは多くありませんが、通行の邪魔にならないように三脚をセットします。今回は広角レンズの10-20mm F4-5.6 EX DC HSMを使って撮影しています。さすがの広角、ジャンクション脇の高層ビルが森ビルだったということがわかりました。アーク森ビルというんですね。前回はキットレンズだった18-55mmの広角端で撮影をしていたのですが、森ビルのロゴマークまで入りきらない写真となっていました。

 

広角レンズだとジャンクションの重なりや高層ビルをてっぺんまで写すことができるので、ジャンクション撮影にはとても重宝します。DXフォーマット(APS-Cサイズセンサー)専用ですが、画角は15mm~30mmと超広角撮影が楽しめます。シグマのレンズを使っていて、F4-5.6という所が気になるかな?と購入時は思ったのですが、夜景撮影時はF11~13まで絞り込んでいるので、開放値はそれほど関係ありませんでした。

 

最初に谷町ジャンクションを撮影した時はキットレンズだったんですよね。

daiki-photo.hatenablog.jp

 

 

  

DSC_9059

向きを変えて一ノ橋ジャンクション方面へつながる方向を撮影しています。右手に見えるのは六本木の高級マンション「六本木グランドタワーレジデンス」。最上階はいったいどんな夜景が見られるのでしょうか。

 

やはり都心にあるジャンクションは派手でいいですね!