ネコと夜景とビール

Nikonのデジタル一眼レフで撮影した写真を掲載しているブログです。路地ネコ、ジャンクションなどの夜景、限定醸造ビールの写真を中心に載せています。

ネコと夜景とビール

フィギュア撮影はポートレート撮影だ!撮影のテコ入れにねんどろいどを買ってみました!

最近子ども以外の撮影ができていない私・・・

 

見出しの通りなのですが、ここ最近振り返ると子どもの写真以外、なかなか撮れなくなってしまっています。単純に子どもと出かける機会が多いので、子どもの写真を撮ることが増えるのは必然なのですが、一人でぷらっと散歩に出かけたときに、なかなか被写体が見つけられないというか。スランプというとおこがましいですが、ちょっと困りました。

 

ちょっとした空き時間となると、なかなか遠くへ出かけることも難しいので、結局いつもの場所に散歩に出かけて、目新しい被写体が見つけられず・・・みたいなこともしばしば。これではイカン!ということで、新たな被写体を見つけるのだ!と私なりにテコ入れをすることにしました。

 

テコ入れ=ねんどろいど

f:id:daiki_bassist:20180306234129j:image

ということで、買ってしまいました。「ねんどろいど」です。

 

ねんどろいどとは、グッドスマイルカンパニーから発売されている、アニメやゲームのキャラクターをデフォルメしたフィギュアのことです。およそ10センチほどの大きさで、カンタンに持ち運びできるのがポイント。

 

この持ち運びができる大きさというのがすごく大きなポイントで、このねんどろいどをモデルに見立てて、外で撮影してみよう!というのが魂胆なのです。

 

ねんどろいどの撮影に関しては、いつもブログを拝見しているキュウ (id:kyu_com) さんのブログを参考にしています!「ねんどろいどアドバイザー」の肩書は伊達じゃない!

www.kyu7.com

 

 購入したのは「アイドルマスター シンデレラガールズ」本田未央!

f:id:daiki_bassist:20180306234143j:image

ねんどろいどはいろいろなアニメやゲームのキャラクターのデフォルメフィギュア。ということで、私も何か購入しましょうか、と秋葉原を歩き回った結果、ゲットしたのは本田未央さん!「アイドルマスター シンデレラガールズ」のメインキャラクター(といってもいいのかな)のひとりです。

 

ねんどろいど アイドルマスター シンデレラガールズ 本田未央 ノンスケール ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア

ねんどろいど アイドルマスター シンデレラガールズ 本田未央 ノンスケール ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア

 

 

最近アニメやゲームにすっかり疎くなってしまった私ですが、会社の同僚に猛烈プッシュされて細々とプロデューサー業をやっておりまして。その中で一番最初にチュートリアルというか、最初にプロデュースしたアイドルがこの本田未央さんなのでした。

 

せっかくなら愛着のあるキャラクターがいいじゃないですか。そう、決して在庫があったからとか、購入金額が手頃だったからではないのですよ・・・愛だよ、愛。

 

f:id:daiki_bassist:20180306234200j:image

ちなみに最近の推しは喜多見柚さんです。

 

さっそく屋外ポートレートへ

DSC_9219

それでは、さっそく屋外ロケへと出かけてみましょう。休日に一人で出かける機会があったので、秋葉原界隈で用事を済ませつつ、散歩してみました。

ねんどろいどを置いて撮影できる場所はどこかなー、と探しながら歩いてみると、普段見る景色も違って見える気がします。景色だけでなく、フィギュアを置く場所も確保しないといけないですからね。

まずはJR御茶ノ水駅、総武線・中央線の下を丸ノ内線がにゅっと出入りするスポットを最初の撮影ポイントにしてみました。

 

DSC_9220

倒れないようにねんどろいどを手すりに立てて撮影してみました。記念すべきファーストショットですが、うーん、普通の1枚になってしまいました。

 

御茶ノ水・聖橋でねんどろいどを撮影した写真

続いては御茶ノ水・聖橋にて1枚。ちょうど陽の当たる時間帯で、順光でねんどろいども明るく撮影できました。

 

何枚か撮ってみて感じたのは「これはポートレート撮影と同じだな・・・」ということ。ポートレートだけでなく、どんな撮影もそうですが、モデルさんに立ってもらう場所や背景、光の当たり方、時間帯・・・そのあたりを頭に入れて撮影しないと、ただの写真になってしまいますね。ねんどろいど撮影、ちょっと刺激になります。 

 

松屋浅草の屋上でねんどろいどを撮影した写真

秋葉原・御茶ノ水界隈から場所を移して浅草へやってきました。浅草を選んだのは「定番の背景で撮ってみよう」というところから。松屋浅草の屋上デッキから、スカイツリーとアサヒビール本社をバックに撮影です。

 

アサヒビール本社裏手でスカイツリーとねんどろいどを撮影した写真

定番の背景を、といいつつも、まだねんどろいどを出して撮影することに照れがある38歳。人が少なめのスポットを選んでしまうのはご愛嬌としてください。

 

スカイツリーを背景にしたこのポイントは、浅草から隅田川を渡って、アサヒビール本社の裏手にある広場。スカイツリーがよく見える場所なんですが、案外人が少ないんですよね。そのせいもあってしっかり撮影できたのですが。

 

隅田川から見える浅草の夕焼け

浅草の街も夕暮れに染まってきました。こんなきれいな背景、撮らずにはいられません。 

 

浅草の夕焼けを背景にしてねんどろいどを撮影した写真

撮影した後、lightroomのプリセットで少しセピアっぽくしてみました。少し紗がかかったような雰囲気に仕上げてみました。

 

浅草の夜景とねんどろいどを撮影した写真

同じ写真ですが、こちらは夜になりかけの空を強調して、夜景をバックに。夕方から夜にかけての撮影は雰囲気あるけど、ライティングというかモデルになるねんどろいどを明るくしてあげる必要がありますねー。

 

ねんどろいど撮影=ポートレートだった

浅草の夕焼けとねんどろいどの写真

はじめてのねんどろいど撮影、やってみましたが、楽しくも難しい!ねんどろいどをただ置いただけの写真にならないようにするためには、光や構図をしっかり練っていかないといけないですね。これはポートレート撮影と一緒だー。

夕暮れや日陰の撮影のときはiphoneで光を当ててもいいかもしれない。できないときはlightroomで手を加えてあげるのもいいですね。

でも、難しいけど面白い!普段見慣れた景色も、ねんどろいどというモデルを立てた時にいつもと違うように見えるというか、とにかく新鮮。いつもは通り過ぎていた場所が格好の撮影スポットになったりして、いつもの秋葉原や浅草とは違う楽しみ方ができました。

また、キャラクターゆかりの場所に行って撮影するのも楽しいんでしょうね!「ラブライブ!サンシャイン!! 」の舞台・沼津でねんどろいどの撮影するのなんてめちゃめちゃ楽しそう。こりゃーアニメ見るしかないかなー、ねんどろいど買うしかないかなー。

 

他にもこんな記事があります

daiki-photo.hatenablog.jp

 

 

今回の撮影の機材はこちらです。

D7500に24mmのレンズをつけて、焦点距離はおよそ35mm。定番の組み合わせで撮影しました。

 

Nikon 単焦点レンズ AF-S NIKKOR 24mm f/1.8G ED

Nikon 単焦点レンズ AF-S NIKKOR 24mm f/1.8G ED

 

 

 今回のモデルさんもね。

ねんどろいど アイドルマスター シンデレラガールズ 本田未央 ノンスケール ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア

ねんどろいど アイドルマスター シンデレラガールズ 本田未央 ノンスケール ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア