ネコと夜景とビール

Nikonのデジタル一眼レフで撮影した写真を掲載しているブログです。路地ネコ、ジャンクションなどの夜景、限定醸造ビールの写真を中心に載せています。

昔の写真を振り返って、当時のカメラを懐かしむ

DSC_0195

 

昔の写真を振り返ってみる

 

 

撮影したデータを格納しているポータブルHDDの容量が残り少なくなってきたので、昔撮ったデータを整理していると、懐かしい写真がちらほら。2012年の10月に撮影した写真は、奥さんの実家で撮影したウサギの写真です。気まぐれなんですが、かわいい。。

 

 

 

DSC_0231

 

使っていたカメラはNIKON D5000

 

当日は、初めて買った一眼レフ「D5000」というカメラを使っていました。2009年に発売されたエントリークラスの一眼レフで、1,230万画素のイメージセンサー。NIKON初のバリアングル液晶を搭載した、当時としては盛り沢山な機能の一眼レフだったんですね。

この頃からrawデータで撮影するようになったのですが、データの大きさは約10M。今のD7100だと25M程度あるので、この数年でだいぶセンサーも進化してきたんだなぁとしみじみ。

 

 

 

DSC_0484

 

AF-S DX Micro NIKKOR 40mm f/2.8G 持ってました

 

D5000のレンズキットを買って「背景がボケる写真を撮りたい!」とAF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8Gを買い、その次に買ったのがAF-S DX Micro NIKKOR 40mm f/2.8GというDX用のマクロレンズでした。この写真も40mmマクロで撮影しています。最短撮影距離は約16センチということで、ウサギにもぐぐぐっと寄って撮影した感じですね。

 

DX用なので画角は60mm相当となります。今思えば60mmはポートレートに最適な焦点距離だったりして、もしかすると撮影会に持ちだしていたりしたのかもしれませんが、当時は自分の中で35mmと差別化ができず、結局40mmは手放してしまいました。

 

 

Nikon 単焦点マイクロレンズ AF-S DX Micro NIKKOR 40mm f/2.8G ニコンDXフォーマット専用

Nikon 単焦点マイクロレンズ AF-S DX Micro NIKKOR 40mm f/2.8G ニコンDXフォーマット専用

 

 

 

Nikon 単焦点レンズ AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G ニコンDXフォーマット専用

Nikon 単焦点レンズ AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G ニコンDXフォーマット専用

 

 

 

DSC_0189

 

ISO感度を上げることにビビる

D5000は高感度撮影はISO6400まで可能でしたが、当時は「ISO感度は上げすぎてはいけないのだ!」という思い込みで、室内でもISO400とか800くらいで撮影していたようで、手ブレ写真を量産していました。。。室内でウサギがちゃんと撮れているのは「数撃ちゃ当たる」の中の1枚だったんですね。。

 

 

 

DSC_0253

 

たまには昔の写真を振り返ってみると面白いですね

ひょんなことから3年以上も前の写真を振り返ることになりましたが、当時どんなことを考えて撮っていたか思い返すと、懐かしさや面白さがありますね。今思えばなんてことないことにすごくこだわっていたり、妙なこだわりがあったり。でもそういう積み重ねが今に繋がっているのかも。