ネコと夜景とビール

Nikonのデジタル一眼レフで撮影した写真を掲載しているブログです。路地ネコ、ジャンクションなどの夜景、限定醸造ビールの写真を中心に載せています。

ネコと夜景とビール

新生児から使える抱っこひも!DIDYMOSの「ベビーラップ」が便利でいい感じ!

DSC_9441

生まれたその日から使える抱っこひも「ベビーラップ」

 

息子くんが生まれて1ヶ月半ほどが経ちました。健診も終えて、少しずつ外の空気に触れさせようと赤ちゃんを連れて近所に散歩や買い物に出かけるようになりました。その際に子供を抱っこするときの抱っこひもとしてDIDYMOS(ディディモス)の「ベビーラップ」を購入してみました。

奥さんに下記の記事を紹介したところ、リンクのあったベビーラップに関心を持ち、一度レンタルをしてみて使い心地を確かめて「これはいいぞ!」と購入に至ったのです。値段は素材や種類にもよりますが1万~1万5000円という金額です。

 

srdk.rakuten.jp

  

 

ベビーラップは4メートルほどのオーガニックコットン100%の布地

DSC_9449

 ベビーラップはシンプルな1枚の布なのですが、長さが4メートルほどあります。赤ちゃんの肌に触れるもの、ということについてとてものだわっていて、素材はオーガニックコットン100%をはじめとする自然な素材。カラフルなカラーリングですが、染めるときは化学加工や化学染料を使わずに製作されています。

 

 

DSC_9450

赤ちゃんの身体を支えるため、織り方もジャガード織で、弾力性に富んだ生地になっています。 耐重実験では300キロの重さに耐えるそうで、大人がハンモックにしても使える生地の強さ、弾力性。確かに手に持って引っ張って見ても弾力を感じます。

 

DSC_9274

ベビーラップの巻き方は何種類かあって、赤ちゃんの成長度合いによって巻き方を変えることができます。我が家の子供はまだ首も座っていないので、しっかりと頭を支えた巻き方になります。ちなみに巻き方の説明書はもちろん、巻き方のDVDまでセットでついてくるので安心です。奥さんも2~3回練習したらマスターしていました。

 

DSC_9280

首のすわっていない赤ちゃんをベビーラップで抱っこする際のポイントは、頭を支えることと、足がM字型になること。赤ちゃんの自然な姿勢として、背骨のCカーブと股関節のM字型開脚がベビーラップで抱っこしていると自然にキープできるのです。

 

 

DSC_9284

こんな感じで「ラップ&クロスキャリー」という巻き方が完成。説明書にも新生児から使える抱き方として紹介されているので、首が座るまではこの巻き方で使うことになりそうです。足もM字型で広がって、頭もしっかり支えられています。

 

 

DSC_9298

実際にベビーラップで抱っこして出かけると、抱かれ心地が良いのか、おとなしく、すぐ寝てしまうようです。密着性も安定性もいいので、気持ちいいのでしょうね。

 

 

せっかくなので体験してみました

DSC_9446

いつもは奥さんが使っているのですが、今回試しに巻かせてもらいました。(起き抜けの部屋着の格好で恐縮です。。)

 

慣れないと最初は巻くのにちょっと苦戦しますが、このあたりは慣れればスムーズにできそう。布地の締め方で密着度の調節ができるので、感覚を掴みながら赤ちゃんが気持ちよく抱かれてくれるようにしたいですね。

実際に締めてみると、赤ちゃんが自分の身体にしっかり密着しています。大きい抱っこ紐よりもコンパクトなので動きやすいのがいいですね。ベビーラップ全体で赤ちゃんの身体を支えているので、自分の身体への重さの負荷も分散されていて、こちらの身体の負担も少ないです。

首が座ればおんぶにも使えるので、一枚持っておけばかなり重宝しそう。これからますます活躍しそうなベビーラップです。

 

購入はオフィシャルショップにて

現在ベビーラップは株式会社オンフィリアが日本総代理店として輸入販売を行っています。Amazonや楽天では買えないようなので、日本代理店のオフィシャルショップをご覧になってみてください。

また、ホームページでは購入のほか、使い方のアドバイスや巻き方の講習会の案内も出ています。赤ちゃんの成長にあわせて様々な巻き方ができるので、講習会で実際に巻き方を学べるのはいいですね。我が家も何度か講習会に参加して、新しい巻き方や子供の特徴に合わせた使い方をアドバイスしてもらっています。

ディディモス日本代理店

 

まだまだ珍しいベビーラップですが、使ってみるととても便利!一枚布のスリング式抱っこひも「ディディモス」がいいよー!という記事でした!