読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネコと夜景とビール

Nikonのデジタル一眼レフカメラ・D7100で撮影した写真を掲載しているブログです。路地ネコ、ジャンクションなどの夜景、限定醸造ビールの写真を中心に載せています。

写欲をそそる愛知・瀬戸の商店街を歩く

DSC_4680

愛知・瀬戸「末広商店街」 

 

今年のゴールデンウィークはカレンダー通り。3日からの連休で私の実家と奥さんの実家に出かける予定。今年は息子くんもおりますので、実家に帰ったらどこに出かけようかと計画を練り練りしながら去年の写真を振り返っていると、瀬戸に行ったときの写真がありました。

去年のゴールデンウィークはケイスケ (id:keisuke9498)さんにお声かけいただいて愛知・瀬戸の「窯垣の小径」や瀬戸の商店街を歩きながら写真を撮ったのでした。

daiki-photo.hatenablog.jp

 

ぜひケイスケさんの撮られた瀬戸の風景をご覧になってください。美しい写真で、私も被写体の一部に入れてもらいました。嬉しい!

sakak.hatenablog.com

 

 

窯垣の小径については記事にしたのですが、商店街を歩いた時の写真はタイミングを逃してブログの記事にできていなかったんですよね。1年越しの瀬戸の記事です。

 

DSC_4681

昭和のまま時が止まったような末広商店街。古いものは作れない。ここに昭和を感じさせる空気が残っていることが素晴らしいなぁ、と思いながら写真を撮っています。

 

DSC_4682

時代を感じさせるフォントの看板。現地で見るとよくわかるのですが、半分廃墟のような形で佇む建物とともに、とにかく目を引くインパクトの強さがあります。

 

DSC_4683

DSC_4686

決して人通りの多い、賑やかな商店街ではないのだけど、街の生活の一部として確かに存在している「末広商店街」。つい写真に収めたくなる場所でした。

 

 この日はマニュアルレンズのAI Nikkor 50mm f/1.4Sを装着しての撮影でした。ゆったりとした時間の流れる商店街で、マニュアルフォーカスでじっくりとピントを合わせて写真を撮るという贅沢な時間の使い方。

 

「せと銀座通り商店街」

DSC_4691

瀬戸の中心地にある「せと銀座商店街」へ。道幅が狭めで、ぎゅぎゅっと密集した感じの商店街。この日は焦点距離75mmのレンズで撮影していましたが、中望遠の圧縮効果で撮影するとさらに楽しそう。

この日はイベントの日だったようで人通りも多かったですね。

 

DSC_4694

2014年に新しくなったアーケード。ケイスケさんから伺っていましたが、このカーブが美しい。

 

DSC_4701

せと銀座商店街は大学との連携でイベントを行ったり、活性化を図るためにいろいろな取り組みをされているそうですね。レトロな中に、新しい雰囲気がある商店街。

 

DSC_4723

カメラを趣味にしたおかげか、昔ながらの商店街や街並みに興味を持つようになりました。去年は岐阜の「柳ケ瀬商店街」に行ったり、名古屋の「円頓寺商店街」を歩いたりして写真を撮っていました。普段はあまり出向かない商店街ですが、カメラを持つとつい行きたくなるのは不思議なものです。レトロな雰囲気は写欲をそそるんですね。 

daiki-photo.hatenablog.jp

 

さて、今年のゴールデンウィークはどこに行こうかな。