ネコと夜景とビール

Nikonのデジタル一眼レフで撮影した写真を掲載しているブログです。路地ネコ、ジャンクションなどの夜景、限定醸造ビールの写真を中心に載せています。

松山の象徴!松山城の天守閣から松山市内を一望してきました

松山城

 「松山の象徴」松山城へ

 

松山といえばここに行かなければ!ということで、松山城へと行ってきました。松山の街の中心にある山に建つ松山城。市内の至る所から見える天守閣ははまさに松山の象徴です。

 

 

松山城リフト

 

松山城は上にもある通り山の頂上にあるため、山に登らなくてはなりません。周辺には3つの登城道があり、歩いて登ることもできますが、そのうちのひとつ「東雲口登城道」近くにはロープウェイ乗り場があり、ロープウェイで山の中腹辺りまで登ることができます。登るときにはロープウェイとリフトを選択することができるので、登りはリフトに乗ってみました。スキー場みたい。自然の中を進んでいくのは気持ちいいですね。この季節はウグイスの鳴き声が聞こえたりして、それもまた楽しいです。

 

 

松山城リフト2

 リフトで登って行くと天守閣が向こうの方に見えてきました。

 

ちなみにロープウェイ、リフト共に金額は変わらず片道270円、往復で510円(それぞれ大人料金)となっています。合わせて天守観覧券(510円)も同時に購入することができるので、ここで買っておくと便利ですね。また、営業時間は8時30分から17時までとなっているので、朝早くもしくは夕方にお城に登ろうとするとロープウェイがやっていないかもしれないのでご注意を。その場合は登城道から徒歩で登らないといけません。本丸公園は5時から21時まで開放されているので、朝早く、そして夜の松山市内の夜景を楽しみたい時は歩いて登りましょう! 

 

松山城2

 

リフトで登ると長者ヶ平から天守のある本丸広場までは10分ほど歩いて登ることになります。いくつか門をくぐりながら、天守を目指します。

 

 

松山市内

 

途中、展望台のようなスペースがあり、そこから見る眺めは最高!松山市内が一望できます。この日は天気も良くて見晴らしが良かったですね!いよてつ高島屋の観覧車もしっかり見えました。

 

 

 

松山城3

 

いざ天守閣へ!

本丸公園へとたどり着き、いよいよ天守閣を目指します!ロープウェイ乗り場で買っておいた天守観覧券で入場します。

一ノ門の手前から見上げる天守の姿は松山城の代表的なフォトスポットのひとつですね。広角レンズで左右の櫓が迫ってくるようなアングルで一枚。さすが現存12天守がひとつ、凛々しい姿です。

 

 

 

 

 

松山城4

 

天守から松山市内を一望!

 

天守の上へと登ると、四方の窓から松山市内を一望することが出来ます!風も抜けて非常に気持ちいい!!いい眺め。

こちらは南側を向いています。手前に本丸公園、路面電車の松山市駅やいよてつ高島屋の観覧車が見える方角です。この日試合をしていた坊っちゃんスタジアムもお城から見て南側にあるんですよね。写真にも小さくながら写っていました。

 

 

 

松山城5

 

こちらは東側。道後温泉の方角です。ひめぎんホールの先あたりが道後温泉のエリアですね。

 

 

松山城6

 

北側はすぐそこに瀬戸内海が見えます!青い空に青い海。海の向こうは広島だ。

 

 

松山城7

そして西側。松山空港が見える方角、その先は伊予灘、そして九州へ。この写真を撮ったのは午前中で太陽が東側にあるので、空がより青く見えてキレイ。夕暮れの時間にここにいたらきれいな空が見えるんでしょうね。

 

 

 

DSC_3916

 

法事の時間が迫ってきていたので、帰りはロープウェイで街まで降ります。ロープウェイには「坊っちゃん」のマドンナに扮したお姉さんが一緒に乗って、市内のガイドをしてくれながら降りていきます。ちなみに自分たちが乗った時のマドンナは椎名林檎さんによく似たとてもキレイなマドンナだったことを付記しておきます。写真撮ってもらえば良かった。。。

  

 松山に来たら一度は登りたい松山城

松山観光に来た際は、松山城は外せないですね。リフトやロープウェイで登ってもいいし、のんびり登山気分で登城道を登りながら天守を目指すもいいし。登城道は割としっかり坂道なので、スニーカー推奨ですね。そして天守閣は階段が急なので、女性はスカートよりパンツスタイルの方が良さげです。天守に登ってからの眺望は素晴らしいの一言。また松山に来た時は、時間帯を変えて登ってみたいですね。

 

 

るるぶ愛媛 道後温泉 松山'16 (国内シリーズ)

るるぶ愛媛 道後温泉 松山'16 (国内シリーズ)