読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネコと夜景とビール

Nikonのデジタル一眼レフカメラ・D7100で撮影した写真を掲載しているブログです。路地ネコ、ジャンクションなどの夜景、限定醸造ビールの写真を中心に載せています。

オシャレでクールで熱い鋳造カフェ!秋葉原「IRONCAFe」さんへ行ってきました

DSC_1240

 

「鋳造×ワッフル」のインパクト

週末に秋葉原から御徒町をぶらぶらと散歩をしていて、御徒町の高架下にあるクリエイターの工房が集まる商業施設「2k540 AKI-OKA ARTISAN」へ立ち寄ってみました。アーティスト・クリエイターが集まる場所で、木製の工芸品や革製品などのショップ、カフェやギャラリーなど歩いて眺めるだけでも楽しいところです。秋葉原と御徒町の中間にありますが、アクセス的にはJR秋葉原駅から徒歩6分、JR御徒町駅から徒歩4分となっています。JR山手線の走っている高架に沿って歩いていくと見つけやすいですね。

www.jrtk.jp

 

「2k540 AKI-OKA ARTISAN」のメインストリートを歩いていると、一本入った路地に気になる看板を発見。

 

「鋳造×ワッフル」「金属化した生活って、いいよね。金属化した生活って。」インパクトのある言葉。そしてメニューもコーヒー、ケーキ、ワッフルと並んで「焼失鋳造」「メタルインジェクション」と並んでいます。ここは一体・・・? 

DSC_1242

 店頭では3Dプリンターと思わしき機械がせわしなく動いています。ますます謎だ。。。

  

DSC_1238

 お店の名前は「IRONCAFe」。どうやら本当にカフェのようです。恐る恐る店内を覗くと、とても感じの良さそうな店員さんに「どうぞ」とお声掛けいただきました。せっかくなので入ってみることに。

オシャレな空間に存在する「金属」

DSC_1224

店内はカウンターバーとテーブル席が4組ほどあって、席数は多くないもののゆったりと座れる空間。ベビーカーで移動していた私たちはテーブル席に通していただきました。すごくオシャレな雰囲気のカフェ、なのですが「アイアンカフェ」の名の通り、いたるところに金属製のオブジェが飾ってあるのがなかなかのインパクト。通りに面した窓枠には金属製のバナナにリンゴ。

  

DSC_1225

 

DSC_1228

席につくと透明なテーブルの天板の中に小さな工具が何種類も。小さくてカワイイ。カワイイんだけど、これはいったい・・・ 

  

カフェメニューはハイクオリティ

DSC_1226

 散歩してちょっと疲れたね、ということで甘いものを注文します。ちょっと肌寒くなってきたのでホットのカフェラテを注文。泡の上に乗ったシナモンがいい香り。さすが金属のカフェだけあってカップも金属。銅製のカップは熱伝導が良いせいか持ち手も熱くなりやすいそうで「熱いので気をつけてくださいね」とのこと。確かにちょっと熱かったです。

 

DSC_1231

そして甘いものということでワッフルも注文!ベーシックなワッフルはメープルシロップとホイップクリームでいただきます。このワッフルが絶品!外がサクサクでナイフを入れたら「サクッ」、フォークで刺して「サクッ」、口に入れて「サクッ」とサクサク感がたまりません!ここ最近食べたワッフルはどちらかというともっちりした食感が多かったのですが、個人的にはこのサクサクワッフルはとても好きです!メープルシロップとホイップクリームの程よい甘さが絡んで美味!想像以上にハイクオリティなワッフルでした!

 

ちなみにワッフルをメニューに出しているのは「鋳造(金属を溶かし、鋳型に注ぎ込んで、目的の形にすること)を飲食で表現しようと金型で焼く食べ物を提供している」のが理由だとか。このこだわり、ステキです。

DSC_1235

 息子もご機嫌に過ごしていました。店員さんも気にかけてくださって、本当に感謝です。居心地よく、食事も美味しい「IRONCAFe」さん、またぜひ遊びに行きます!

 

 お土産、買っちゃいました

DSC_1243

 テーブルの中にあった小さい工具たち、あまりにカワイイのでついお土産に購入してしまいました。1個1,000円とお値段も手頃。

DSC_1246

 大きさは1円玉とほぼ同じ!2センチちょっとのハサミ。これがスゴイのは・・・

DSC_1248

 ちゃんとハサミとして使えるところ!この大きさで、紙、切れてます!この技術!スゴイ!

 

調べたところ「メタルインジェクションモールディング」という製法を用いていて、金属を削り出すよりも緻密な精度で作り出すことができるのだとか。精密な医療機器の製造にも使われているそうです。だから工具をミニチュア化してもその機能性は保たれているんですね。ちなみに工具は全11種類、ペンチやニッパー、モンキーレンチなんかもあります。お店もしくはホームページで販売中です。シルバーに加えてゴールドもあって、ちょっとオシャレ。

DSC_1245

ストラップにできるようにケースまでつけてくださいました。ステキすぎる。。。 

 

思い出の品やアイディアを鋳造してくれるお店

ちなみに「IRONCAFe」さんは、なんと個人の持ち込みでアクセサリーを鋳造できたり、思い出の品を金属に変えたりできるオーダーメード鋳造が可能なんですね!お店の入り口でせわしなく3Dプリンターが稼働していたのは、鋳造用の型を取るためだったのか!と最後に納得。そしてカフェを運営しているのは広島・福山にある精密鋳造部品の製造販売を行っている「株式会社キャステム」さん。金属鋳造を行っている会社のカフェ部門とは・・・恐れ入りました。

 

秋葉原で見つけた鋳造カフェ「IRONCAFe」さん、クールでオシャレでそれでいて熱い鋳造のカフェ。個人的にものすごくオススメです!

 

 

キャステムの社長の戸田さんは折り紙飛行機のスペシャリストの一面も持っているとか!なんと紙飛行機の滞空時間のギネス記録保持者!

飛べとべ、紙ヒコーキ―PAPER AIRPLANE

飛べとべ、紙ヒコーキ―PAPER AIRPLANE