読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネコと夜景とビール

Nikonのデジタル一眼レフカメラ・D7100で撮影した写真を掲載しているブログです。路地ネコ、ジャンクションなどの夜景、限定醸造ビールの写真を中心に載せています。

ヱビス初のホワイトビール「ヱビス 華みやび」を一足お先に飲んできました!

ビール イベント

 

 f:id:daiki_bassist:20170304200403j:image

ミッドタウンで「華みやび」! 

 

2017年3月7日(火)に新発売となるヱビスの新しいビール「ヱビス 華みやび」を発売より一足早く飲んできました!土曜日は珍しく休日出勤のため会社へ。思ったより早く仕事が終わったので、ちょっと六本木へ寄り道。3月3日(金)~5日(日)の3日間、東京ミッドタウン アトリウムで「YEBISU 華みやび FLOWER LOUNGE」がオープンしているということで立ち寄った次第です。

 

 去年はヱビスのリニューアルの時にラウンジができていましたね。

daiki-photo.hatenablog.jp

 

 

「ヱビス 華みやび」といえば、ヱビスの歴史上初めて上面発酵の酵母を使用して作ったビール。通常のヱビスをはじめとした日本の大手メーカーが醸造しているビールはいわゆる下面発酵のラガービールがほとんどです。キリッとした味わいと喉越し、そして麦芽の甘みやいわゆるビールらしい苦味を感じさせるのが特徴。

一方、上面発酵のビールはフルーティな香りが特徴のエールビール。豊潤な香りと味わいが楽しめるタイプのビール。これまでのヱビスのイメージとはちょっと違ったタイプのビールですね。

 

f:id:daiki_bassist:20170304200405j:image

土曜日の夕方ということもあり、ラウンジは満員御礼。席が空き次第通されるということで、10分ほど待つことになりました。「華みやび」だけあってラウンジにはたくさんの花が飾られていて華やか。そのせいか女性のお客さんが多い印象です。

 f:id:daiki_bassist:20170304200408j:image

 YEBISU 華みやび FLOWER LOUNGEでは華みやびを樽生で飲めるほか、ちょっとオシャレなフードメニューも用意されていました。この後は自宅で夕食が控えているということもあってビールのみいただくことに。しかし300円は安い!

 

f:id:daiki_bassist:20170304200424j:image

カウンターにはヱビス 華みやびの缶が展示されていました。白地に金と赤で少しコントラストが弱めな柔らかい印象のラベル。店頭で見かけたら他のビールとはちょっと違うな、というイメージを持ってもらえそう。

 

 ヱビスらしさを感じさせるホワイトビール

f:id:daiki_bassist:20170304200433j:image

カウンターでビールを購入していよいよいただきます!飲んでみるとホワイトビールらしいフローラルな香りが広がります。おお、いつものヱビスと全然違うぞ。ホワイトビールということで、大麦麦芽に加えて小麦麦芽も使っているので飲みくちもスムースな感じ。それでも香りだけでなく、ヱビスらしいコクもあるので上手くバランスが取れています。苦味もそれほど強くないので、ビールの苦手な方も飲みやすいと思いますし、女性にもウケが良さそう。

同じホワイトビール系だとグランドキリンの「ディップホップヴァイツェンボック」もありますが、あちらのビールはアルコール度数が7.5%とやや強めでビール単体で楽しむ感じ。ヱビス華みやびはアルコール度数が5.5%で飲みやすく食事にも合わせやすそうな印象ですね。

 

100年以上の歴史の中で初めて上面発酵に挑んだというヱビス「華みやび」。文字通り華やかな香りの中にヱビスらしさのコクを感じさせる、なかなか面白い一杯でした。ホワイトデーも近いですし、お返しと共にホワイトビール「華みやび」で乾杯なんていうのもオシャレかも。