ネコと夜景とビール

Nikonのデジタル一眼レフで撮影した写真を掲載しているブログです。路地ネコ、ジャンクションなどの夜景、限定醸造ビールの写真を中心に載せています。

ネコと夜景とビール

どら焼きをフレンチトーストに!?「うさぎやCAFE」の「うさどらフレンチ焼き」をいただきます!

DSC_0228

久々のうさきやCAFEへ

 

週末に御徒町の「うさぎやCAFE」へ行ってきました!上野公園でアジサイを撮影したあと、少し時間があったので、お店を覗いてみると空席あり。タイミングが良かったようです。

 

何度かお店を訪問しているのですが、休日にお店に行く際は正午あたりの時間が狙い目ですね。席が空いていることが多い気がします。

 

DSC_0227

お店の看板メニューである「うさパンケーキ」は開店の朝9時から10分までの間に来店した人のみ食べることができます。列の作り方についての案内板ができていました。うさぎが並ぶイラストがかわいい。

 

うさパンケーキ、一度食べましたがこれは美味しいのです!並ぶ価値のあるパンケーキ。

daiki-photo.hatenablog.jp

  

DSC_0214

 席に通されて、注文したメニューが出てくるのを待ちます。今回は「うさどらフレンチ焼き」をオーダーしてみました!どら焼き×フレンチトーストという和×洋な組み合わせ。どんな味になっているのか、楽しみです。

お水を飲みながら、ゆっくりと待ちましょう。お水はハワイの超軟水で、メニューにある煎茶などにも使われています。舌触りなめらかで、優しい水、という印象を受けます。

DSC_0215

お水はウォーターサーバーからセルフサービスでいただけます。

 

最近購入したカメラ「D7500」で撮影をしていますが、シャッター音が小さいので、店内で撮影するのにもいい感じ。いわゆる一眼レフらしい 「ガシャッ」というシャッター音も好きですが、今の撮影スタイルだと小さめのシャッター音がありがたい。

 

どら焼きをフレンチトーストに!

DSC_0216

注文から10分ほど経って、いよいよ「うさどらフレンチ焼き」がやってきました!あのうさぎやのどら焼きをフレンチトーストのように焼き上げたという、和菓子と洋菓子のハイブリッドメニュー。少し艶をおびたどら焼きの皮がとてもそそります。

 

この「うさどらフレンチ焼き」ですが、皮の部分のみをフレンチトーストっぽく焼いているのかと思いきや、どら焼きごと焼いているとのこと。つまり、どら焼きを牛乳・卵・砂糖を混ぜたものにひたして、それをバターで焼き上げいるということです。店長さんにお会計のときに伺ってみるとどら焼きごとなんですよ、と教えてくださいました。

 

DSC_0222

さっそく一口食べてみると、バターの香りとほんのり塩味がどら焼きの皮の旨味と餡の甘さを引き出してくれます。普段のどら焼きとはまた違う、洋菓子風の香りなんだけど、和の美味しさの魅力が引き立つ逸品。一度牛乳や卵に浸しているので、どら焼きの皮も木製のスプーンで難なく切ることができます。普段のもちもち感とはまた違うどら焼きの皮の食感が楽しめます。

 

うさぎやのどら焼きという、そのまま食べても美味な和菓子をいろいろな楽しみ方で提供してくれる「うさぎやCAFE」。何度行っても驚かせてくれるメニューばかり。朝の限定メニュー・うさパンケーキだけでなくうさどらフレンチ焼きもオススメです!

 

 これまで食べたメニューも絶品ばかりなのでした。

daiki-photo.hatenablog.jp

daiki-photo.hatenablog.jp