ネコと夜景とビール

Nikonのデジタル一眼レフで撮影した写真を掲載しているブログです。路地ネコ、ジャンクションなどの夜景、限定醸造ビールの写真を中心に載せています。

ネコと夜景とビール

ビアテイスター認定試験に合格しました!

DSC_0768

ビアテイスター資格認定証が届いたー!!!

 

6月に講習を受けた、ビールに冠する資格試験「ビアテイスター」認定試験の結果が届き、無事合格することができました!!いやーよかったー!!合格すると、写真のように資格認定証と認定カードが送られてきて、ビアテイスターであることを証明することができます。ビールの違いが分かる男に一歩近づいた・・・ような気がします。

 

daiki-photo.hatenablog.jp

 

ビアテイスターを取るとどうなるの?いいことある?

恐らく、資格を持っただけでは何も変わらない、です。私はビールを飲むのが好きで、 自分が飲んだビールの感想を好きなようにブログに書いていますが、ビアテイスター資格を取ることで少し箔が付くかも?という感じでしょうか。

ただ、認定講習会に参加したことで、ビールについて改めて学ぶことができましたし、世界中の40種類近いスタイルのビールを試飲することで、風味の違いを直に感じることができました。これまではなんとなく知っていただけのことが、実際に体感することで自分の知識になった実感はあります。

あとは、いろいろなスタイルのビールを味わったことで、改めて自分のビールの好みがわかってきた気がします。国で言ったらドイツのビールが好みだな、とか。やっぱり日本のラガー、ピルスナーは好きだな、とか。改めて自分がビールに求めている要素が再確認できました。これは複数飲み比べたことでわかったことだと思います。 

 

認定試験に合格するには?

f:id:daiki_bassist:20170612211216j:plain

講習申し込みをすると事前にテキストが送られてくるので、あらかじめ予習しておくと合格にかなり近づきます。認定試験の内容はテキストに書いてあることなので、自分の中で整理しておくと自信を持って試験に臨めると思います。講習で説明いただけるものの、なんだかんだ試飲で少し酔ってしまう部分もあるので、予習しておいた方がより確実ですね。

官能評価試験(実際にビールをテイスティングしてビールの香り、味を評価する)は、個人の感覚によるところが大きいですが、講習の中で練習できるので、練習して自分の中で整理できていれば大丈夫。ビールの味を損ねるオフフレーバーについては何度も練習して感覚を掴んでおくといいですね。 

合格率は80%を超えると言われているそうなので、テキストをおさえれば大丈夫!(だと思います・・)

 

今後はどうします?

DSC_0770_2

次に興味があるのは「ビアコーディネーター」の資格です。このビールとこの料理は合う、というのを理論立てて説明できるようになるセミナーですね。ビールと料理のペアリング・マリアージュを学べるので面白そう。普段の生活にも役立ちそう、という名目で奥さんを説得して受講したいな・・・とかなんとか。

 

ビアテイスターの資格を取得したことについては、引き続き新作ビールの記事を書くときにいろいろな視点でビールを味わうことができるようにつながると思います。より美味しそうに感じてもらえる記事を書きたいですね。好きなものについて知るのはやはり楽しい。今後もしっかりビール飲んで、ビールについて勉強しなければ!