ネコと夜景とビール

Nikonのデジタル一眼レフで撮影した写真を掲載しているブログです。路地ネコ、ジャンクションなどの夜景、限定醸造ビールの写真を中心に載せています。

ネコと夜景とビール

都内でジャンクション夜景を撮影するなら、西新宿ジャンクションがオススメ

マジックアワーの時間帯の西新宿ジャンクション。空が青く美しい時間帯。

撮影しやすい西新宿ジャンクション

 

この間仕事で新宿に立ち寄りました。17時頃に用事が終わってビルを出るとそろそろマジックアワーを迎えようかという時間帯。思わずそのまま夜景撮影に行きたくなるような空でした。ここ最近、あまり夜景撮影に行くことができていないのですが、新宿は夜景撮影しやすい場所なんですよね。中でも「西新宿ジャンクション」はカッコイイし撮影しやすいしで個人的にオススメのスポットです。西新宿ジャンクションは首都高速4号新宿線と中央環状線を結ぶジャンクションです。

 

オススメポイント1:アクセスが便利

私もこれまでいくつかのジャンクション夜景を撮影しに出かけているのですが、駅から離れていたりするんですよね。駅からバスで15分とか、駅から徒歩で20分かかるとか・・・ただ、都内中心部のジャンクションだと駅からのアクセスもよい場所があります。その中でも西新宿ジャンクションはアクセス至便。

 なにせ地下鉄の駅を上ればすぐに撮影スポットというのが嬉しいところ。京王新線の「初台」駅を出ると目の前が西新宿ジャンクションです。 

 

オススメポイント2:撮影スポットが豊富

ジャンクションとオペラシティの高層ビルを一緒に撮れるスポット

西新宿ジャンクションの下には大きな交差点があって、4ヶ所どこからでも撮影が可能というのも結構いいポイントではないかと思います。見上げればオペラシティの高層ビルがジャンクションと一緒に収まるのもいいですよね。縦構図、横構図どちらでも画になるので、お気に入りの構図を探すのが楽しいのです。

交差点で、かつ人の多い場所なので、三脚を立てるときは通行する方の邪魔にならないように注意しなければいけませんが、信号待ちの時間は案外撮影しやすかったりします。

 

ジャンクションと光跡

高架に沿って国道20号線を新宿の方へと歩いていくと3本の道路が重なるポイントがあります。横断歩道の真ん中の浮き島に止まって撮影すると、両方の車線の光跡も撮れて、なかなか穴場なスポットです。

 

オススメポイント3:ジャンクションに飽きたら他の夜景も撮れる

都庁展望室からの夜景

 3つめの西新宿ジャンクションのいいところ、というか新宿のいいところになりますが、夜景撮影のスポットがたくさんあるので、ジャンクション撮影だけでなくいろいろな夜景撮影が楽しめるところがいいですね。西新宿ジャンクションの夜景を心置きなく楽しんで、そのあとは都庁展望室に上って夜景を撮る、なんてハシゴ撮影も出来てしまいます。歩いて西新宿ジャンクションから歩いて15分ほど、約1キロ歩けば都庁なので、移動もそれほど苦にならないかと思います。

 

11月も中旬に差し掛かり、日の入りの時間が早くなってきています。空もキレイですし、夜景撮影にはもってこいの季節がやってきました。また新宿の夜景を撮影したいところです。

 

ジャンクション撮影には広角レンズがオススメです

 ジャンクション撮影には、頭上に伸びる高速道路が伸びやかに表現できる広角レンズがおすすめです。下記にご紹介しているシグマの広角レンズはどれもAPS-Cセンサー専用ですが、入門機の一眼レフから広角レンズを比較的安価で購入可能です。初めての広角レンズにオススメできる一本ですね。私も10-20mm F4-5.6というレンズを使っています。上の写真も全てそのレンズで撮影しています。

SIGMA 超広角ズームレンズ 10-20mm F3.5 EX DC HSM ニコン用 APS-C専用 202552

SIGMA 超広角ズームレンズ 10-20mm F3.5 EX DC HSM ニコン用 APS-C専用 202552

 

 

SIGMA 超広角ズームレンズ 8-16mm F4.5-5.6 DC HSM ニコン用 APS-C専用 203559

SIGMA 超広角ズームレンズ 8-16mm F4.5-5.6 DC HSM ニコン用 APS-C専用 203559

 

 

 

 他にもアクセスしやすい都市型のジャンクションはいくつかあります。よろしければぜひご覧くださいね。

daiki-photo.hatenablog.jp

daiki-photo.hatenablog.jp

daiki-photo.hatenablog.jp