ネコと夜景とビール

Nikonのデジタル一眼レフで撮影した写真を掲載しているブログです。路地ネコ、ジャンクションなどの夜景、限定醸造ビールの写真を中心に載せています。

ネコと夜景とビール

超望遠で狙い打ち!羽田空港の展望デッキから望遠レンズで飛行機の撮影をしてみました!

ゲートブリッジと飛行機の写真

望遠レンズで飛行機を撮影してみる

 

羽田空港の展望デッキに写真を撮りにいってきました。この日の目的は知人からお借りしていたニコンの超望遠レンズ「AI AF VR Zoom-Nikkor 80-400mm f/4.5-5.6D ED」の試し撮り。実はあまり焦点距離の長いレンズを持っておらず、ズームレンズもD5000を購入したときのキットレンズである18-55mmという焦点距離のレンズだけ。しかも普段は50mmほどの焦点距離の単焦点レンズしか使っていないので、400mmなんていう望遠はまさに未知の世界。超望遠レンズを通してどのような世界が見えるのか楽しみです。

 

 今回知人にお借りしていたのは旧式の80-400。現行のレンズは2013年発売のモデルになっています。

Nikon 望遠ズームレンズ AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR フルサイズ対応

Nikon 望遠ズームレンズ AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR フルサイズ対応

 

 

私が使っているカメラはニコンのDXフォーマット(APS-Cサイズセンサー)であるD7100。焦点距離は1.5倍換算。そうすると80-400mmのレンズは120-600という超望遠の焦点距離に。600mmって何が写るのか!?そんなワクワク感を覚えながら羽田空港第2ターミナルの展望デッキへと向かいます。

 

写真を撮影しに行った時間帯はお昼過ぎ。第2ターミナルは東の方角を向いていて、太陽の場所からするとサイドから順光になるポジション。空は青く、写真を撮るには絶好のコンディションです。

 

普段のレンズと見える景色が違う超望遠!

デッキから撮影した飛行機の正面の写真。コックピットの中まで写る

 展望デッキからさっそく80-400のレンズで撮影してみます。このレンズで一番広い画角となるワイド端で120mmの焦点距離ですが、コックピットにいる操縦士の姿が写っています。すごい、120mmでここまで写るのか・・・!

 

超望遠レンズで撮影した滑走路の飛行機の写真

こちらは滑走路へ向かう787型機を望遠端で撮影。焦点距離600mmの世界は数百メートル先を走る飛行機のコックピットの操縦士まで写し込んでいます。普段使わない焦点距離のレンズで撮影してみると面白いですね!いつもと違う世界が目に飛び込んできます。 

 

羽田空港の展望デッキから撮影したポケモンジェットの写真

展望デッキにいた子供の歓声が一際大きかったポケモンジェット。撮影した写真のデータを見ると110mmと書いてあるので、35mm版に換算すると165mmの焦点距離。展望デッキから滑走路にいる飛行機の全体像を写すには150mmから200mmくらいの焦点距離があれば良さそうですね。 

  

ゲートブリッジをバックに離陸する787型機の写真

望遠レンズの圧縮効果でゲートブリッジがすぐそこまで近く見えています。これで焦点距離は240mm相当になっています。普段使っている50mmの単焦点レンズでは生み出せない1枚。

 

圧縮効果については「studio9」さんの記事をぜひご覧になってください。私もいつも勉強させていただいているサイトです。

photo-studio9.com

 

「超望遠」の世界

羽田空港から見える東京ディズニーリゾートの写真

今回のカメラとレンズの組み合わせでは、最も望遠側での焦点距離は600mmとなっています。焦点距離600mmともなると、羽田空港第2ターミナルの展望デッキから、東京湾を挟んで向こうに見える東京ディズニーリゾートの様子がよく見えます。直線距離でおよそ12キロ先にある舞浜。

撮影したのが午後3時頃だったので、どうやら昼のショーが終わったばかりのようで黒煙が上がっています。中央右手の煙突が3本立っている船はディズニーシーが誇る豪華客船「S.S.コロンビア号」ですね。「タワー・オブ・テラー」やディズニーシーの街並みも見えます。

 

お台場の上を飛ぶ飛行機の写真

また、D7100には「×1.3クロップ機能」がついていて、焦点距離をさらに1.3倍にすることができます。最大望遠600mmのさらに1.3倍=焦点距離780mm!ものすごい圧縮効果のおかげで、お台場のフジテレビ社屋のすぐ近くを飛行機が飛んでいるような写真になりました。

 

スカイツリーと飛行機の写真

こちらも780mmの世界。スカイツリーと飛行機の共演。肉眼では見ることのできないような世界が望遠レンズ越しに見られました。いやー、望遠楽しいなー!

 

空港×望遠レンズ=楽しい!

今回は望遠レンズをお借りして羽田空港で撮影してみました。空港で望遠レンズを使って撮影するのは楽しいですね!普段自分が使わないレンズということもあって興奮してしまいました。400mmとか600mmまでとは言わないまでも、200から300mmくらいの望遠があると余裕で楽しめそうです。

 

羽田空港に望遠レンズを持っていって撮影を楽しんだ記事でした!

 

 望遠レンズが欲しくなってしまいました

 普段は標準の単焦点レンズばかり使っているけど、望遠レンズもいいなぁ。。。200-500mm。D7100につけると300mm~750mm!超望遠の世界が15万円ほどで手に入るとは・・・(欲しい)

Nikon 望遠ズームレンズ AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR

Nikon 望遠ズームレンズ AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR

 

 

 シグマから発売された通称「ライト・バズーカ」。100-400mmという焦点距離は飛行機撮影にも十分使えますね。値段も8万弱とお買い得感ありますね。次購入するならこのレンズかなー。動物園とか子供の運動会にも活躍してくれそう。

 

別のレンズで撮影した羽田空港の写真はコチラからご覧ください。

広角レンズで撮影してみました。

daiki-photo.hatenablog.jp

 

標準と呼ばれる50mmから中望遠の127.5mm相当のレンズで撮影した羽田空港です。

daiki-photo.hatenablog.jp