読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネコと夜景とビール

Nikonのデジタル一眼レフカメラ・D7100で撮影した写真を掲載しているブログです。路地ネコ、ジャンクションなどの夜景、限定醸造ビールの写真を中心に載せています。

独断と偏見で2016年のビールを振り返る

ビアガーデンで飲む一番搾りの写真

 

今年の「ビール」を独断と偏見で振り返ります

 

2016年もあと数日。年内の限定醸造ビールの発売も出揃ったということで、今年のビールエントリーを振り返ってみたいと思います。

 

2016年の「ビール」カテゴリーのエントリーは96本でした。今年1年で約3.8日に1本はビールについてブログを書いていたことになります。また、そのうちコンビニなどで購入してレビューした新商品・限定醸造ビールは延べ69本!週1本以上は新作ビールを飲んでいたことになります。今年もいろいろなビールが登場しました。その中から各メーカー毎にお気に入りの1本を

 

アサヒビール:琥珀の時間

今年はアサヒビールの新商品は年間6本飲みました(オリオンビール名義は除く)。糖質50%オフの新しいビール「アサヒ・ザ・ドリーム」を新たなラインナップに加えたものの、他のメーカーに比べるとやや大人しめな印象でした。その中で好みだったのはセブン&アイ限定販売となった「琥珀の時間」。飲食店限定のデュンケルタイプのビールですが、香ばしさと同時にアサヒビールらしいキレの良さがあって飲みやすく美味しいビールでした。これはぜひお店で飲みたいビール。 

daiki-photo.hatenablog.jp

 

ちなみに2017年はアサヒビールの看板商品「スーパードライ」登場30周年、ということでいろいろな仕掛けを予定しているとか。すでに30周年限定のスーパードライが3種類登場するようなので、早くも期待です。

ニュースリリース 2016年12月21日|アサヒビール

 

キリンビール:ご当地一番搾り各種

今年は何と言っても「47都道府県の一番搾り」ですね!2015年にビール工場のある10都市分の一番搾りをリリースして、今年は47都道府県全部違う「ご当地の」一番搾り!夏には期間限定の「一番搾りガーデン」に通いつめて27種類ものご当地一番搾りを飲んだのでした。キリッとした日本海側、森の香りのする岐阜・長野、バラエティに富んだ四国・九州と飲み比べることでそれぞれの土地の特徴が感じられて本当に楽しかったし美味しかった!夏の思い出。

DSC_7478

 

 

 以前のエントリーにも書きましたが2017年も再び47都道府県の一番搾りが出る!ということで次こそは47都道府県制覇したいと思っております!ネット通販で買えるようにもなるそうなので、必ずや!


ご当地一番搾りを除いたところだと新商品、限定醸造は13種類。「グランドキリン」シリーズでタイプの違ったビールを定期的にリリースされています。クラフトビールらしく特徴のあるスタイルが多いですね。

 

サッポロビール:エビス・ザ・ホップ2016

今年はサッポロビールから登場した新作・限定醸造ビールは13本飲むことができました。その中でも気に入ったのは「エビス・ザ・ホップ」。ギフト限定のビールですが、たまたまバラ売りしているお店で購入することが出来ました。ヱビスならではのコクに加えてホップの爽やかな香り。ビール好きがこぞって再販を喜んだのがわかる気がします。 

daiki-photo.hatenablog.jp

それ以外だとサッポロ黒ラベル初のエクステンション商品「エクストラブリュー」を販売したり、最高峰のエビス「エビス マイスター」を登場させたり、セブン&アイ限定のエビス「#126」をリリースしたり、例年になく攻めたサッポロビールだったように思います。来年も楽しみ!

 

サントリー:ザ・プレミアム・モルツ スパークリングゴールド

2016年のサントリーの新作・限定醸造ビールは19本飲んだことになります。リリース数も多く、リニューアルも早いのが特徴ですね。中でも気になったのはこれまたセブン&アイ限定でリリースされた「ザ・プレミアム・モルツ スパークリングゴールド」。エビスの「華やぎの時間」のようなシャンパンを思わせるフルーティでキリッとした味わいは高クオリティでした。 

daiki-photo.hatenablog.jp

年内には5月にリファインしたばかりの「ザ・モルツ」をリニューアル。この回転の速さは他のメーカーにはない動きですよね。来年もいろいろなビールが出てくることを楽しみにしています。

 

来年も楽しく美味しくビールが飲みたい!

ということで今年飲んだビールを振り返ってみました。今年は飲みも飲んだり「ご当地一番搾り」の1年だったかな、という感じですね。47都道府県すべて異なるビールを登場させたのはスゴイの一言。2017年も引き続き追いかけたい!

各メーカーさまにおきましては、来年も楽しく美味しいビールが飲めるよう、ぜひいろいろなビールを飲む機会を提供いただければなによりでございます。なにとぞよろしくおねがいします。

 

来年も楽しくビールを飲むぞ!(奥さんの白い目と健康診断の結果を気にしながら)