ネコと夜景とビール

Nikonのデジタル一眼レフで撮影した写真を掲載しているブログです。路地ネコ、ジャンクションなどの夜景、限定醸造ビールの写真を中心に載せています。

ネコと夜景とビール

コンビニ限定で缶が登場!グランドキリン ホワイトエール!

DSC_4007

グランドキリンの「缶」が登場!

 

キリンビールのクラフトビールシリーズでおなじみの「グランドキリン」から、コンビニ限定で缶の発売が始まりました。従来のレギュラーラインナップである「ジャパンペールラガー」「インディアペールエール」に加えて、新たなレギュラー「ホワイトエール」が登場しています!コンビニに並んでいたので、早速購入してみました。

 

DSC_6819

これまでのグランドキリンは写真のようなボトルでの販売でした。これはこれでスタイリッシュで好きですが、缶の方が気軽に手に取れる、というところも狙っているのでしょうね。 

 

DSC_4009

新たにグランドキリンのレギュラーに加わった「ホワイトエール」は白ワインを思わせるフルーティな香りとやわらかな口当たりが特徴とのこと。ネルソンソーヴィンホップといえば、ぶどうの香りがさわやかなホップ。確かヱビスの冬の限定ビール「ヱビスwithジョエル・ロブション 華やぎの時間」でも使われていましたね。

daiki-photo.hatenablog.jp

 

 

華やぎの時間は白ワインやシャンパンを思わせる香りだったので、同じホップを使っている「ホワイトエール」もまさに白ワインのような感じなのでしょうか。楽しみです。

あとは大麦麦芽に加えて小麦麦芽を使っているのも特徴ですね。小麦麦芽を使用することで泡持ちのよさやなめらかな口当たりが期待できるので、どんな味わいになるのかな。 

 

白ワインのような香りと、ビールならではのホップの苦味が楽しめる

DSC_4010

さっそく缶を開け、グラスに注いでいきます。小麦麦芽の効果か、泡持ちのよさそうな泡がビールのフタをしています。ビールの色は明るめのゴールド。爽やかなブドウのような香りがするのはネルソンソーヴィンホップならでは。飲んでみると、想像していたよりしっかりとホップが効いている感じ。白ワインのようなキリッとした感じというよりは、しっかりボディのある飲み心地。ブドウのような香りとともに、ホップの苦味がしっかりと感じられます。小麦麦芽の効果もあるのか、後味はまろやか。

あえてワインに例えるなら、先に例に挙げた「ヱビスwithジョエル・ロブション 華やぎの時間」はキリッと辛口ワイン。こちらの「グランドキリン ホワイトエール」はホップの苦味はありますが、特徴的には甘口ワインに近いのかな。単純に分類させないあたりはグランドキリン一派らしいところでしょうか。

 

フルーティすぎず、甘すぎず苦すぎず、でも白ワインのような飲みくちが楽しめる「グランドキリン ホワイトエール」。これがレギュラーラインナップとしていつでもコンビニで購入できるのはすごいなぁ。コンビニでビールを買う時の選択肢がどんどん広がっていきますね。

 

 

 こちらの2本もコンビニ限定で缶になって登場しています。キリンの本気が感じられるグランドキリンシリーズは飲む価値あり。美味しいです。

daiki-photo.hatenablog.jp

daiki-photo.hatenablog.jp